カードローンの法律の違い

カードローンには消費者金融や銀行があります。この2つは守らなくてはいけない法律が違うことを知っていますか?法律の違いの中には、私たち利用者に関係しているものもあります。違いと特徴を知って、賢く使いましょう。


年収で制限のあるカードローン

年収で制限のあるカードローンは、消費者金融です。これは貸金業法という法律でルールが決められています。年収の3分の1までしか融資ができない、借りる本人に収入がなくては借りることはできません。一方で銀行法という法律を守るのが、銀行系カードローンなどと呼ばれているものです。この法律には上限などは明確にありませんが、銀行、保証会社の2つの会社の審査があるため、消費者金融と比較すると審査は厳しいと言われているそうです。


専業主婦がかりることができるローン

専業主婦の場合、安定した収入は本人にありません。そのため貸金業法を守らなくてはいけない消費者金融を利用することが難しいと考えられます。不動産などで収入があれば別ですが、配偶者の働いたお金の場合は借りられないと考えられているのです。銀行系カードローンの中には、専業主婦でも借りることのできるものもありますから、そちらを選ぶようにしましょう。

Comments are closed.